バイクを売る前にしておきたい手続きについて

以前、バイクを売った友人が、バイクは手元にないのに税金の請求書が来たと言っていました。

どうやらオークションで売却したらしく、手続きがうまくできていなかったようなのです。

このようなことがないよう、バイクを売る前にするべき手続きはきちんとしておきたいものです。

【名義変更のトラブルを防ぐには】

バイク買取業者にすべて依頼すればこのようなトラブルはないのですが、個人で売買するとこのようなトラブルが起こりがちです。

こういったトラブルを防ぐには、相手に手渡す前に廃車手続きをすると良いようです。

【廃車手続きの方法】

125cc以下のバイクは役所で手続きをします。

その際に必要なものはバイクから取り外したナンバープレート、書類は標識交付証明書、廃車申告書、印鑑です。

手続きが終われば廃車証明書がもらえます。

126ccから250ccのバイクは陸運局で手続きをします。

必要なものはナンバープレート、書類は軽自動車届出済証、軽自動車届出済証返納届、軽自動車届出済証返納証明書交付請求書、印鑑、住民票(管轄外に引っ越した場合に必要)です。

251cc以上のものは、陸運局でナンバープレート、車検証、軽自動車税申告書、末梢登録申請書、手数料納付書、印鑑を用意し手続きします。

【面倒でなければ手続きを】

バイクを売る前にこの手続きをしておけばトラブルは防げますから、やっておけば安心です。

バイク買取業者に売却するのであれば、業者が代行してくれますので特に問題はありませんが、先に廃車手続きをしておいても問題はありません。