バイク買取の時に必要な書類について

バイク買取の際には、書類がいくつか必要なのですが、その書類について知っておきましょう。

バイクに乗っていたけれど、あまり書類については見たことがないという人が多いのではないですか?僕も実はそうです。

売ると決めてから、書類の名前を聞いてそんな書類あったかな?と思っていました。

バイクの排気量によっても変わりますので注意です。

【排気量によって用意する書類が違う】

小型二輪250ccを超えるものについては、車検があるため車検証、自賠責保険証、納税証明書、身分証明書、印鑑が必要です。

125cc超えで250cc以下の場合は、車検がないため軽自動車届出済証、自賠責保険証、身分証明書、印鑑となります。

125cc以下、原付バイクの場合は、標識交付証、自賠責保険証、身分証明書、印鑑です。

自分のバイクの排気量から、必要書類を用意しておきましょう。

【もし書類を紛失していたら?】

僕の場合は、すべて書類は揃っていましたが、中には紛失してしまって見当たらないという人もいるでしょう。

そんな場合は再発行をしてもらい、揃えておく必要があります。

もし車検証や登録証がないと、正確な査定額が出してもらえないのです。

バイク買取をしてもらうなら、査定してもらうまでに紛失した書類は再発行してもらいましょう。

原付の場合は区役所(市役所)で、125cc以上のバイクは管轄の陸運局で再発行できます。

【買取業者に依頼もできる】

書類の再発行は、バイク買取をしてもらう業者に委託することもできますが、その手数料が査定額からマイナスされます。

できれば自分で再発行手続きしておく方が良いですね。